高校時代の先輩と飲みました

「Kazuのエキセントリックさを全面に出した方がいい。」とか「Kazuの色をもっと全面に出して、濃くしてくれよ。コメントはKazuらしいからもっとくどく。」とか、私の書く文章がおとなしすぎることに対する(?)お叱りのメールをいくつかいただいておりますが、今回は高校時代の先輩と飲んだ話です。なんか飲み会の話ばかりですな。

1998年6月12日、この日は母校(高校)の文化祭(記念祭という)でした。毎年この日は部活関係の人を中心に何人か集まって飲むのですが、さすがに卒業して10年にもなろうかという年になると、集まりが悪い、というか誘いづらい。私と先輩2人の計3人しか集まりませんでした。

しかし私たちは話しあいました。たとえ3人でも手を抜いてはいけない、この3人が燃焼することができたら次は5人だ、そうやっていけば必ず2000人飲み会ができる、いつかは東京ドームだ、と。

私は思いました。人はたとえ今が最高でなくても未来への明るい希望がある限り幸せなのだなあ、と。そして手を抜かずに焼き肉を食べ、腹が痛くなりました。

この会において高田馬場プール企画が提案され、鋭意、実施検討を行うことが決定されました。

H先輩、毎年ごちそうさまです。

Kazu について

西暦1970年生まれのKazu
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA