ご結婚おめでとう

1998年6月27日、この日は大学時代のサークル(前述のものと同じ)仲間の結婚式の二次会に出席することになっていました。

ネクタイを締めて、ジャケットをきて、緑のズボン(パンツというと下着に聞こえて抵抗を感じる私はかなり古い人?)はすこし明るすぎて似合わないけど、他にないし(!)、華やかな会だし、まあいいでしょう。コンタクトをはめて準備万端。

会が始まるのが19:30からとやや遅めなので、家を早めにでていくつか用を済ませてしまうことにしました。もうじきボーナスがでるので、何かおみやげはいるかい?と、でかけに母に尋ねたところ、食べ物以外ならアイロンが欲しい、というので超高級アイロンを進呈する事を約束しました。

横浜で、まず床屋に行きました。最近は特に蒸し暑い日が続いていて伸びた髪がうっとうしくてたまりませんでした。以前は床屋は地元の「安さが売り」の店に通っていたのだけれど、先日たまたま横浜で「通常料金」の店を利用したところ肩と頭皮のマッサージがとても気持ちよく、またその他サービスも良くてすっかり気に入ってしまっています。

散髪後、時計のバンドと財布とアイロンを買う予定で、まず財布を求めてさまよいました。いつも札入れと小銭入れの一体化した財布を使っているのですが、私の使い方だとどうしても小銭入れ部分の劣化が早くて、もっと丈夫な小銭入れが欲しかった。ただ持ち物が増えるのもいやなので「定期入れと一体化した大きくない丈夫な小銭入れ」が私の希望。でもいいのがなかった。歩き疲れてしまった。そもそも本とCD以外の買い物はあまり好きじゃない。時計のバンドだけ替えてあとは後日にすることにしました。時計のつけはずしが私はひとよりずっと多いのでしょう、革バンドのいたみが早くて今のはもうぼろぼろ。いままで茶色のバンドだったけど今度は緑のバンドにしました。緑のズボンの影響ですな。

二次会はとても楽しかった。あまり懐かしくない人も多かったけど、何人か懐かしい人に会えてうれしかった。向こうも私に会えてさぞうれしかったことと思います。某電気会社をやめて大学に戻ってきたKさん。さぞ会社に居づらいつらい思いをされたのでしょう。でも私はそれについて何も聞きません。あなたが自分で語ったように、私も、ひとは明るい未来を語って生きるべきだと思うから。

Kazu について

西暦1970年生まれのKazu
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA