末永くお幸せに

「個人的なこと」が大学時代のサークル仲間との話題に偏っている、という指摘を受けたんだけど、それは気のせいだよね。

1998年8月9日、今日は大学の研究室で一緒だったS君(同期)の結婚式に行って来ました。三軒茶屋にある結構広い、といっても普通どのくらいの広さか知らないのだけれど、教会が会場で、後ろの方では歌い手さん(?)が聖歌(?)をマイクを使って歌っていました。

牧師さんはいいました。結婚式というとことさら愛を誓わせるのは、それほど愛はこわれやすいものだからなのです、指輪はその人自身を表していて表と裏があってこれを交換するということは・・・うーんなんだっけ?

披露パーティーの会場はすてきなところでした。また多数のスライド写真やおもしろい余興があって楽しかったです。教授もきてて、Kazuも普通になったか?などと声をかけられたので、ええ、いいことか悪いことか分からないけど普通になりました、と一応話をあわせておきました。卒業以来一度も会ってなかったK社勤務のK君にも会って、いやあ卒業以来だねえ、ひょっとして会うのさけてなかった?などと楽しく会話する事が出来ました。

末永くお幸せに。

Kazu について

西暦1970年生まれのKazu
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA