まぐろ炊き込みご飯

<28才で、なにかしら善をもとめて出家(=下宿の意)した男、Excellent Kazuの腹八分目の生活を綴る。その2。>

先日、母の還暦祝いで家族4人そろって三崎港に食事にいったのだけれども、そこででた鮪のかぶと焼きはとても4人でたべきれるものではなかった。パックしてもらって持ち帰ってきたものを母がしょうゆと生姜で煮た。こいつを分けてもらったのがあるのだけれども、それを使って炊き込みご飯を作った。作り方は簡単。普通に炊飯する米の上にその生姜煮をのせて、しょうゆを少し足した。味見はしない。

実においしかった。以前作った椎茸炊き込みご飯、鶏肉炊き込みご飯もそうだったが、炊き込みご飯は作るのが簡単で味もなかなかだ。

Kazu について

西暦1970年生まれのKazu
カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA