財布 (Kazu & Naho 1年目の結婚生活)

本日をもって7年間勤めた会社を退職しました(正しくは31日付けだが、出社するのは今日が最終日)。今までお世話になった方々、どうもありがとうございました。会社は私の生活の多くの部分を占めていたので、もう行かないというのは不思議な気持ちです。

今日はかなり疲れていたので、夕食は夫と近所のファミレスで済ませた。その帰り道、 寮の近くで財布の落ちているのを見つけた。すると夫は「天の恵みだ!」といって中身を調べ始めた。

え?、ちょっと腑に落ちなかったので「交番に届けるんだ よね?」と聞いたら、「こういうのは貰っとくもんでしょう。」と言うので驚いた。

確かに現金だけが落ちてい れば、多少の金額なら猫ばばするだろう。しかし、財布ごと。面倒くさがる夫を連れて、交番へ行った。確かに、寒いところを遠回りしたし、権利放棄の手続き などでちょっと面倒ではあったが、自分では気分のいいことができて、○である。代わりに何かいいことがないかなぁと期待している。(N)

釈明 「こういうのは貰っとくもんでしょう。」は当然のことながら冗談でいいました。財布には持ち主を特定できるメモが入っており無事落とし主のもとへ帰ったと思われます。よかったよかった。(K)

Kazu について

西暦1970年生まれのKazu
カテゴリー: Kazu & Naho X年目の結婚生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA