金貨の魔力

グローバリーという会社をご存知ですか?商品先物取引大手なのですが強烈な会社です。

特徴1.株主優待に金貨
 金貨、特に1/10オンス金貨は今そんな高いものではないですが、他社では提供していない魅力的な株主優待品です。

特徴2.「強引な営業」で著名
 例えばこんな記事がありますが、ネットで検索してみてください。いろいろヒットします。

特徴3.金メダリスト、野口みずきさんを擁する

さて、このグローバリーは、なんと先週の金曜日、主力事業である商品先物取引業務と商品ファンド業務を9月30日で廃止すると発表しました。要するに継続不可能な状態と認識したようです。実は私は株主なのですが・・・。当然、本日株価はストップ安。まだまだ下がるでしょう。上場廃止の可能性も高いらしいです(涙)。

商品取引所法(法定帳簿の作成等の義務など)違反による業務停止処分を最近2度も受けており、いやな予感は十分にありました。私は1度目の業務停止処分のころ、さすがにこれはイカンと思い株を売ったのですが、何と!その後買い戻してしまったのです。

なぜ、まだまだ先行き不安な状態だったのに買い戻してしまったのか?

それは金貨の魔力のせいです(遠慮なく馬鹿にしてください)。

他の多くの優待品と同じで、金貨だってお金さえあれば購入できるものなのに、私はどうしてこの金貨の株主優待品にだけはこだわってしまったのでしょうか?

 1)金にはいいイメージが化体していて、手に入ればやはりうれしい
 2)しかし金額的に購入可能であっても、金は買い慣れておらず買いづらい
 3)金貨現物を届けてくれる株は持っておきたい

振り返って考えてみれば、以上のようなことだったのではないかと思います。

誰が考えたか知りませんが、この優待品の設定は絶妙で、株価維持に多大な効果を発揮したでしょう。でもおそらくこの事態では、もうその金貨優待の神通力も効かないでしょう。「強引な営業」で著名な会社に投資した私に、天罰が下されたということでしょうか?

Kazu について

西暦1970年生まれのKazu
カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

1 Response to 金貨の魔力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA