ムーミンオーロラカフェ

土曜日の本日、ムーミンオーロラカフェにて家族で昼食をとりました。

最近オープンした大型商業施設「ららぽーと横浜」へ行って見ようと提案したところ、それならばと家内が昼食用に選んだのがムーミンオーロラカフェでした。
オーロラが見えるムーミンの店だそうです。オーロラを映像で見て何か楽しいか?と疑問を感じながらも連れられていきました。

(1) 店に到着して整理券を受け取りました
 直ぐには入れませんでした。でもその場で並ぶ必要がないのはありがたいです。時間までららぽーと内を散策することができました。

(2) 暗幕をくぐって入場すると・・・中は別世界
 時間になり入場すると、落ち着いたちょっと暗い空間が広がっており、テーブルの空いている席には大きなムーミンのぬいぐるみが座っておりました。

(3) 料理は北欧料理
 なぜ北欧料理かというと、ムーミンはフィンランド作家の作品だからでしょう(あ、だからオーロラなのか)。
 カレーやサラダ・スープ等のセットを食べました(そう言われなければ特に北欧料理だとは認識できないであろう内容です)。ダイエット中にもかかわらずフィンランドビール「ラピンクルタ」も飲みました。総じておいしかったです。
 なお、「ららぽーと横浜」から遠くないところにあるIKEAで先日スウェーデン料理(たぶん)を食べたばかりです。「北欧料理」が庶民に浸透してきていますね。

(4)オーロラ・・・ではなく星座と土星の上映
 食事が運ばれ始めた頃に上映が始まりました。オーロラ上映の時間ではなかったようです。店内の半ドーム型スクリーンに星座と土星が上映されました。
 正直言って上映内容がそんなに素晴らしいわけではありません。しかし、レストランが急に暗くなりプラネタリウムが上映されることによる非日常感・驚きは素晴らしいです。
 時間はわずか10分弱程度だったと思います。

(5)お勧めです
 特にお子様連れの方に。若いながらも店員さんたちのサービスは良かったですし、料金もさほど高くありませんでした。
 なお、入場時間が来るまでの「ららぽーと横浜」散策は、一人でした。子供3人と一緒に行動すると、その行儀の悪さ等に私が気疲れして不機嫌になることがありあす。又そういう私を家内が嫌がるので別行動にすることも多いのです(すごい家族です)。
 「ららぽーと横浜」は物販・食事・エンターテイメント(映画・ゲーム)が揃っている、良くデザインされたえらく大規模な商業施設でした。「ラゾーナ川崎」にその意味では似ていますが、よりファミリー向けという印象を受けました。
 ららぽーと横浜はとても混んでいました。ラゾーナ川崎もわりと最近オープンした施設ですが以前として混んでいます。神奈川県西部の消費は最近着実に上向いているかもしれません。

Kazu について

西暦1970年生まれのKazu
カテゴリー: 未分類 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.