三越劇場 「人魚姫」

実母・長女(7歳)・長男(5歳)と私の4人で三越夏休みファミリー劇場「人魚姫」を見てきました。

母の好意に甘えて、夏のファミリー劇場を観るのはこれで3回目になります(一昨年:白雪姫、去年:眠れる森の美女)。

そして3回のうちで今回の「人魚姫」が私にとっては断トツで面白かったです。

本田有花さんの演技がよかったです。

(カニさん達による)笑いが適度に織り込まれていたのもよかったです。これが途中で飽きなかった一因です。

音楽もバイオリンの生演奏(多分)付きでよかったです。

美術も、海面の雰囲気が良くでていました。人魚姫が泡になっていく場面も見事でした。

そして、改めて気がついたのはアンデルセン原作「人魚姫」という話のストーリーの「面白さ」です。単純に純愛を貫く人魚姫の自己犠牲の話には思えません。

人魚姫のたどる道は、(生きるのが上手でない)普通の人間のたどる道に見えます。

魔女との契約が不幸の始まりであり、

別に悪意をもってされたわけではないが、結果的には王子様を助けた手柄を隣国の王女に横取りされ、

でも、アピールできない!(口がきけない!)

王子様はそんな事情も人魚姫の深い思いも気づかぬまま、

人魚姫は、結局、最後も何もできず黙って泡に・・・

うーん。子供には難しいかな。

でも長女は基本的なストーリーはしっかり理解できたようです。悲しくて泣いたそうです。王子様を奪った隣国の王女が嫌いと言っていました。

それを聞いた母は、「ううん。悪いのは気づかない王子様よ。」と教えてあげたそうです。

Kazu について

西暦1970年生まれのKazu
カテゴリー: 未分類 タグ: , パーマリンク

3 Responses to 三越劇場 「人魚姫」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA