英語基本動詞のコアイメージ①

最近はじめた「アルクの英文法マラソン」と以前見た「新感覚☆キーワードで英会話1 基本動詞編 DVD」(共に監修:田中茂範先生)から学んだことを何点か記録します。

1.英語の基本構造は「SV + α」。

2.文型や訳語が異なっても、同じ動詞であれば意味的に共通の要素がある。

3.この各動詞の本質的な意味は、単純であいまいなイメージとして捕らえられ、これをコアイメージと呼ぶ。

4.英語基本動詞のコアイメージは以下の通り:

have: 自分のところ(なわばり、「have空間」)に何かを持つ。x have y.はyがx支配下の場に入っている図式。

be: 何かがどこかにある。x be y. は「xがyの状態に位置づけられる」という図式。

take: 何かを自分のところに取り込む。外から内への移動。

give: 自分のところから何かを出す。内から外への移動。

get: ある状態にする・なる。 状態の変化。

つづく

Kazu について

西暦1970年生まれのKazu
カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA