2007年末 資産残高報告1

なんとかプラスの運用益を確保!

昨年(2007年)末の投資運用資産の残高を報告します。

image002.gif

上のグラフ(クリックで大画像表示)は、2001年末の投資元本の値を100として、相対値で投資運用の資産残高を示しています。

07年は投資資産の元本増加は8でした。
控えめだった06年(17)より更に少なく、ほぼ追加投資をしなかったといえます。投資にまわせるマネーがなかったというわけではなく、投資意欲が高まらなかったということです。

07年の運用益は11です。
評価残高は1年で19増加しているのでそこから元本増加分8を引いた値11を運用益とします。少なかった06年の有用益(14)を更に下回り、運用資産残高からみれば誤差範囲内ともいえる程度の運用益でした。

しかし、集計が終わる前までは、2007年運用益はマイナスだと思っていたので、かろうじてプラス運用益を確保していることをしって喜びました。

日本株で大きく傷つき、J-Reit・商品先物取引でも傷つき、中国株も旨く運用できなかったと思うのですが、他の外国株投資やFX・貴金属積立等がなんとかカバーしてくれたようです。分散投資効果ですね。

本年度は積極投資を行いもっと確かな運用益を出したいと(今の所)考えています。

Kazu について

西暦1970年生まれのKazu
カテゴリー: 未分類 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.