「7つの習慣」研修②

以下、表題の研修の雑多な感想です:

(1)受講者用マニュアル

立派な作り。このファイルを見て、私のグループの1人(商品開発)は製造工程数を考えてしまうと言い、別の1人(品質管理)はシールが曲がって貼られていると言い、私(知的財産)は氏名を記入するページが始めに有るのは記名によりオークション出品を躊躇させるためでは?と言いました。

普段余り接しない部署の人の見方に触れられるのが、社内集合研修の魅力の1つということでしょうか?

(2)トーキング・スティック

持っている人のみ理解されたと納得できるまで主張をすることが出来る棒。長男が壁に軽く壁にぶつけたら折れました。脆い・・・捨てました。

(3)成長の連続体

この見方が「7つの習慣」ほどのベストセラーで共有され、人はその成長レベルをこの見方で評価されている・・・かもしれないなぁ。

(4)原語

特に読みづらい日本語訳とは思いませんが、やっぱり原語(英語)で読んだ方が著者のイメージが正しく掴めるのかもしれません。講師が時おり元の英語を紹介してくれてそう感じました。

以上

セミナー終了後に実践するための「7週間の実践ワーク」や受講者用DVDも受け取りましたので、見てみようと思っています。少なくない金額を(会社が)払ってくれたのでしょうし。

なお、通常は3日間のプログラムのようですが、私が受講したのは2日間のコンパクト版です。

Kazu について

西暦1970年生まれのKazu
カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA