民法・民事訴訟に関する基礎実力判定試験

民法・民事訴訟法を勉強し始めました。

企業の知的財産部の特許担当として、もちろん特許法はそれなりに勉強したつもりですが、民法・民事訴訟法をきちんと勉強したことはありませんでした。

直接に知的財産訴訟を担当していなくても、特許関連業務の質向上に民法・民事訴訟法の知識が有益であると思います。なかなか楽しいです。

具体的には昨年の10月から12月まで、弁理士会の「民法・民事訴訟法基礎研修」(東京)を受講しました。とても講師の村西大作先生の説明が分かりやすかったです。

そして今年の1月に表題の試験を受けました。

上記基礎研修の受講生がかなり受験したのではないでしょうか?私は毎回のように大遅刻をする不真面目な生徒だった上に、事前に全く勉強できなかったので、「打ちのめされて」今後の勉強意欲を高めるために試験に挑みました。

そして結果が届きました。

なんと「A」判定でした。基礎知識を備えていると考えられるそうです・・・拍子抜けです。

でも、「基礎」すぎでしたよね、この試験。得点分布からもそう思われます。基礎研修のレベルと乖離があって、勉強して知識のある人と無い人との間で差がつかなかったのではないでしょうか。

いわゆる付記試験合格を当面の目標に、時間を見つけてコツコツと勉強を続けられたらと思います。

Kazu について

西暦1970年生まれのKazu
カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.