着物で飴細工体験 (Naho)

遅ればせながらあけましておめでとうございます。
新年早々インフルエンザにかかってしまい、お正月に着物も楽しめず散々でした^^;
2日には水道管も破裂し、お正月だというのに、修理のできる水道屋さん探してたり、波乱含みの幕開けです。

さて、お正月はお正月らしさを楽しめなかったので、
友人を誘って、浅草にあるアメシンさん(http://www.ame-shin.com/)へ飴細工体験に行ってきました。
予約の際に、着物でもOKか確認しましたが、特に問題なし。
実際に行って見てもあまり汚れるような作業はないので
着物でも十分楽しめました。

11時から予約していたのですが、開店も11時で、ちょっと早く着いた私たちは手持ちぶたさ。
お店の前に今戸神社(http://members2.jcom.home.ne.jp/imadojinja/T1.htm)があったので、そちらに立ち寄ってみました。

ここは沖田総司終焉の地らしく、招き猫発祥の神社でもあるそうです。
境内にはたくさんの猫の置物が!(というより、ガーデニンググッズっぽかったけど)

 

 

 

 

 

 

色々写真を取りたかったけど、うっかり携帯の充電を忘れていて
肝心の飴細工の写真が撮れなくなるといけないのでこれだけ^^;

七福神めぐりの神社の一つでもあるようなので、ご朱印を集めてもいいかもしれませんね。
通常七福神めぐりというと、7日までしか御朱印をもらえなかったりするところがおおいのですが
こちらは1年を通して御朱印、授与品があるようです。

時間もつぶしたところでアメシンさんへ。
大体1時間半位の体験で、うさぎの飴細工がつくれます。
飴細工師が一番最初に習う、基本的な作業が盛り込まれているのがうさぎなんだそうです。
2回ほど、実技と講習を受けて、いざ本番へ!

 

 

 

 

 

 

 

先生の作業を見ているとさささっと作っているのですが、
実際には結構飴が熱く、それでいてあっという間に固まってしまうので
なかなか思う形に作れず・・・。

それでも最後に何とか兎らしく見える形に完成することが出来ました。
娘の合格を祈願して、背中に赤文字で書き入れましたw
(というか、赤の顔料しかない)

ちょっとこれは、次回またリベンジしたいですねw

肝心の着物コーデはまた後日~

 

 

 

パパブブレ キャンディー 瓶タイプ150g【10,800円以上で送料無料】【内祝い】【バレンタイン_本命_義理_友チョコ】

価格:2,980円

(2015/1/15 15:23時点)

感想(3件)

 

Kazu について

西暦1970年生まれのKazu
カテゴリー: Nahoscloset 和装別館 (Naho) タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA