着物が仕立てあがってきました~♪ (Naho)

母のたんすの中に入っていた反物数点。
状態もそれほど悪くなく、そのうち2点をひとまず仕立てに出していたのですが、
それがようやく仕上がってきました^^

仕立てと一言で言っても、いざ出そうと思うと、胴裏やら八掛やらが必要だとわかり
さらにサイズもなんだかいろいろ細かく指定しなければいけないんですね~。
いざ依頼するまでになんだかんだ1か月かかりました^^;
たいへん><

胴裏(上半身の裏地)は白なので、ひとまずヤフオクで安価なものを求めましたが、
迷ったのが八掛(裾の方の裏地)。

どうもブラウザで見る色と実物にかなりの差があるようで、こんな感じとイメージしても
実際には全く違う色が届いたり(・ x ・;)

かと言って、呉服屋さんみたいなところに行くと、結構いいお値段。
でも無難なえんじにするのもなぁと悩んでいたところ、
柄八掛というものの存在を知りました。

そして柄八掛自体はそれほど見つからないんですが、どうも襦袢生地を
柄八掛として使うことも出来るらしい。柄なら多少の色の妥協もできる!

というわけで、1点は最初から柄八掛として売っているものを、
もう1点は襦袢生地を柄八掛として使用することに決定!

サイズに関しては、とりあえず用語が分からない><
色々調べて、最終的にどうしても指定しないといけなさそうなところだけを指定し、
あとはミセスの適正サイズという事でお任せにしてしまいました。

そしていよいよ仕上がったのがこちら!

 

 

 

 

 

 

 

かわいいいい!
いや、よくこんな反物残ってあよなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

チェックの生地がオレンジっぽく写ってるけど、もう少し全体のイメージは落ち着いたピンクっぽいです。
よく見るとちょっと模様が入っています。
右側が元は襦袢生地だったもの。濃い紫色で、黒猫?と白猫のだまし絵になっています。

チェック柄の生地に、柄ものの八掛はくどいかなーと思ったのですが、
けっこういけるかも?
裾からちょっとだけ覗いているのが紫の縞々みたいです。
本当は抹茶色に唐辛子の柄八掛を合わせるつもりだったんだけど、
反物2点と実物を並べた時に、こちらのほうがしっくりくるようだったので変更です。

 

 

 

 

 

 

 

帯はこの着物用に購入。
たんすの中に入っていた、どうしても絶対に着ないだろうなという
帯や着物などをリサイクルショップに持ち込んで、その商品券で購入しましたw

しかし、今考えるとボロボロだと思って出した羽織はひげ紬というものだったらしく
無知って恐ろしい
いや、でも、着ないと思うけどね・・

とりあえずこれをどこに来ていこうかな~。

指先から約38cm!肘まで暖かい 街着屋オリジナル 超ロング手袋 – アンゴラロング手袋 / ピンキーリングタイプ 全12色 –

価格:2,592円

(2015/1/28 13:12時点)

感想(124件)



 

Kazu について

西暦1970年生まれのKazu
カテゴリー: Nahoscloset 和装別館 (Naho) タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA